未分類

愛犬に必要な栄養バランスとは?基礎知識を学ぼう

投稿日:

ここでは愛犬に必要な栄養バランスの基礎知識を学んで行きましょう!

人間と同じで、カロリーだけではなくビタミンやミネラルも補給する必要があります。バランスが崩れると肥満になるだけでなく、生活習慣病や糖尿病などの重大な病気にかかる可能性があるので注意が必要です。

愛犬を病気にしたいですか?

そんな人はいませんよね!そのためにしっかり学びましょう!

エネルギー源となる炭水化物

炭水化物は人間でいうところのご飯に当たる部分ですね。

これをしっかり与えないと当然ですが、パワーが出ません。

ワンちゃんは元気に動き回るので、太って来たからと言って簡単に減らしてはいけませんよ?

食材として使う場合は、コメやパン、麺類などが利用できますがパンと麺類は食塩が多く含まれているので注意が必要です。(食パン1枚に1g)

パンを与える時は、副菜の塩分を減らすなどしないと高血圧のワンちゃんには負担になってしまいますね。

意外に思われるかも知れませんが、ワンちゃんにもパスタを食べさせて大丈夫です。

パスタはそれ自体にに塩分が含まれていない場合でも、茹でる時に塩を入れるので(通常100gあたり1.2g程度)塩分無しとはなりません。

なので、人間用とは別に茹でてあげましょう。

マカロニなどは食べやすいと思いますよ!

身体を作り上げるたんぱく質

必須アミノ酸を始めとして約20種類のアミノ酸で出来ているたんぱく質は、筋肉を作るだけでなく、身体のありとあらゆるものを動かしているホルモンの元にもなっています。

これが無いと生命は活動できないです。

牛肉や豚肉、鶏肉など普通人間が食べる肉は大抵OKです。

脂身や鳥皮などは脂肪が多く含まれるので、綺麗に取り除いて与えると、健康寿命を延ばすことが出来ますよ。

種類別に特徴を見ていきましょう

鶏肉

鶏肉は高たんぱくで低脂質。最近太って来たなと感じたら、真っ先に与えたいたんぱく源ですね

しかも牛肉や豚肉より消化に良いため、便秘気味のワンちゃんにおすすめ出来ます。

豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。

ビタミンB1は疲労回復に重要な働きをしている栄養素で、食べたものから効率的にエネルギーを回収する役割を担っています。

このビタミンB1が不足すると疲労感やだるさなどを覚えるんですよね。

このビタミンは腸内細菌などによっても生産されますが、食事からもしっかり摂取することで、いつまでも若々しく元気に遊びまわるワンちゃんと暮らすことができますよ。

牛肉

牛肉には鉄分が非常に多く含まれています。

鉄分は身体に無くてはならない栄養素で、主に血中で酸素の運搬に使われます。

これが無いと貧血になってしまうんですね。

意外とワンちゃんと貧血を結び付けられない飼い主さんが多いのが不思議なのですが、今ではワンちゃんようのサプリメントなども売られていますよね。

ワンちゃんの身体の調子を整えるビタミン

ビタミンには嫌と言う程種類があり、それらをバランスよく取ることが健康のコツなのはワンちゃんも同じです。

一部が極端に多くて、一部を全く摂取しなければ、全く無いのと同じ。と言うのがビタミン摂取の考え方です。

ビタミンA脂溶性ビタミンの一種で皮膚や粘膜を健康な状態に保ちます
ビタミンB1水溶性ビタミンの一種で、糖質をエネルギーに変換するのに必要な栄養素です
ビタミンB2脂質・糖質・たんぱく質をエネルギーに変換するのを助ける栄養素であるとともに、成長促進に関わる重要なビタミンです。
ビタミンB6こちらも食品をエネルギーに変換するのを助ける。腸内細菌によっても生産される
ビタミンB12葉酸と共に働き、ヘモグロビンの生成を助けます。
ビタミンDカルシュウムのバランスを整え、骨の健康に関わっています
ビタミンE強い抗酸化作用を持ち、身体の酸化を防いでいます。
パントテン酸脂質・糖質・たんぱく質の代謝に関わる酵素の働きを助けます
ナイアシンビタミンB群の一種で、代謝に重要な働きをします。
葉酸新しい赤血球を作るのに重要な役割を担っています
ビオチン皮膚の炎症を抑える働きがあります。ビタミンHと呼ばれることもあります

正直こんなにたくさん覚えられませんよね!

数が多すぎます。

正直こんなに覚えられないよ!という人にこそドックフードがおすすめ

こういった栄養学の知識は、奥が深く、ワンちゃんの大きさや年齢、状態によっても変える必要があり、素人にははっきり言って無理です。

ちょっとでもバランスの良い食事を与える自信がないのなら、ドックフードを与えましょう。

ドックフードは栄養学を学んだ獣医師などが監修していることも多く、バランスが考えられています。

ドックフードさえ与えて置けば、最低限必要な栄養は取れるという訳です。

なんだか可哀そうな気もしますが、下手に栄養の知識もないまま偏ったご飯を与えて早死にさせてしまう方がよっぽど可哀そうだと私は思います。

オススメはペップドックフード

完全に宣伝の様になっていますが、それでもやっぱり言わせてください。

ペップドックフードが最高です。

なんせ4Dの食材を避け、添加物、保存料をなるべく使わない、本当にワンちゃんの為になるドックフードってあんまりないんですよ。

意外だと思われるかも知れませんが、ググれば分かります。

最近は少しずつ増えては来ていますけどね。

ホームセンターなんかに売っているドックフードなんかは殆ど、価格重視でワンちゃんの健康なんて考えてませんからね。

パッケージだけで分かることなんて限られてます。

さっき言った4Dってなんの略か分かりますか?dead、dying、diseased、disabledの頭文字です。

なんのこっちゃ?という人に説明すると、deadは死肉。dyingは死にかけ。diseasedは病気の、disabledは障害がある。と言う意味です。

分かります?

ホムセンのドックフードって大体こういう問題のある粗悪な原料を使ってるんですよ。

気持ち悪くないですか、僕が犬だったら絶対食べません。

人間っていいですよね。そんな食材殆どスーパーに並びませんから。

でもそういう肉って絶対余ってくるんですよね、人間が食べないから。

ここまで言えば分かりますよね?そういう肉が安く手に入るから、業者が犬用に加工する訳です。

だって安いんだもん。

業者の気持ちになれば、別に自分が食べる訳じゃないし、利益を生まないといけないわけだからしょうがない事なのかもしれません。

「それでも私はホームセンターのドックフードがいい」

っていう人は流石にいませんよね。

まあ安いですからね。ホムセンのドックフード。

魅力的なのは分かりますし、一応、栄養バランスも考えられてはいます。

ただ正直、「質」を問われるとどこまで信じて良いものかは疑問が残りますけどね。

だって、死肉や病気の動物の肉を使う業者が質のいいビタミン材なんて使いますかね?

僕が業者だったら・・・。

とまあ業者いじめはこれくらいにして、最後にペップドックフードのおすすめをさせて下さい。

ペップドックフードはそういった質の悪いドックフードの真逆を行く、超優良ドックフードです。

人間が食べるような新鮮な原材料を使用しているし、人口着色料や保存料不使用、グルテンフリーなど、正直めちゃめちゃ考えられてます。

はっきり言って世のお父さん方の食事より、よく考えられたメニューなんじゃないですかね?

監修している獣医師さんの話じゃ、普段食欲があんまりないワンちゃんがすごく美味しそうに食べていたそうですよ。

そりゃそうですよね。いつも粗悪なドッ〇フードを食べさせられてるんだから。

「何これ、うんま!」って思ったでしょうね(笑)

まあ、話はこれくらいにして、めちゃめちゃオススメなペップドックフード!下のリンクから詳細が見れますので是非覗いてみて下さい。

-未分類

Copyright© ペップドックフードの口コミ評判を徹底レビュー!犬愛好家によるおすすめサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.